wien2wannier

user guide があまり丁寧ではなく,スピン軌道結合(SOC)がある場合の説明が正しくないように見えるのでメモ.ただし,バージョンによって仕様がかなり異なるようである.ここではv.2.0.0を扱っている.また,常磁性の場合のみを取り上げる.フィッティングするバンドは,スピン自由度を含めて2N枚.

準備

  • ulimit -s unlimited
    • w2wの計算の最後でスタックサイズが巨大になるので,unlimitedにしておかないとsegmentation faultすることがある.~/.bashrcに書いておくのが良いだろう.
  • 並列化するなら.machinesファイルを用意しておく.以下,並列化を仮定(オプション-p).
  • $WIENROOT/SRC_templates/case.win内の変数hr_plotをwrite_hrと書き換えておく(最新版のwannier90の仕様に合わせる).

実行

  1. init_w2w -so
    1. 基底軌道は2N個指定することになる.スピン↑と↓で同じ軌道を採るのが自然であろう.1:s;s 2:p;p ... など.
  2. x lapw1 -p
  3. x lapwso -p
  4. x w2w -so -up -p
  5. x w2w -so -dn -p
  6. x wannier90 -so

spin-polarizedの場合

  1. init_w2w
  2. x lapw1 -up -p
  3. x lapw1 -dn -p
  4. x lapwso -up -p
  5. x w2w -so -up -p
  6. x w2w -so -dn -p
  7. x wannier90 -so

なお,計算で最も重要なパラメーターはk点の数である. これを大きくすると急速に結果が良くなる. その他,基底の並べ方やk点のshiftも影響があるようだ.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-31 (火) 23:14:25 (213d)